あいさつ

先人が。


某大御所ディレクターが。



言うんだよ、「北川が最近調子に乗って、仕事場で会っても挨拶しない。」って。


ハッキリ言っておくが、俺は絶対に挨拶しないなんて非礼なことはしない。

挨拶に始まり挨拶に終わる、と、芸人の時からまるで軍隊のようにしごかれてきたから、
どんな時でも口癖のように出る。

なぜ、今頃そんな話しが出たのか。


不思議でたまらなかったし、悔しくてたまらなかった。


ある人が、その本人に直接聞いてくれた。

「北川、いつそんなことしました?」


そしたらこう言ったらしい。


「トキハ前で取材してて、○○社のクルーの音声してて、俺と何回も目が合うのに無視するんだ。」と。







ハッキリ言おう。











ソイツは、俺じゃない。










いるんだよ、1人、音声やってて俺とソックリなヤツが。








そんでもって、俺は音声とかしたことねーわ!




そもそも、俺への認識がその程度じゃねーか、大先輩さん。



人間違いしといて、あいつは挨拶しないなんて
ウワサを流されたらたまったもんじゃねーわ。








もう一度言う。









ソイツは、俺じゃない。









ソイツこそ、知らないおじさんにガン見されて引いてるわ。
[PR]
# by masayakitagawa | 2013-01-25 00:04

ようやく

ずっと“笑い”だけをやっていきたい。

そう思ったのは今から14年も前のこと。学生時代に吉本の門を叩き、芸人として活動を始めた。
間もなくしてコンビを解散し、すぐに構成作家へ転身したが、その“笑い”だけを追求していきたいと思ったことは、ずーっと変わっていない。


パンクブーブー。

直属の兄さん。福岡にいた頃はそれぞれ別のコンビで活動していたが、東京進出の形でコンビを結成した。
ずっと、応援してきた。ずっと尊敬してきた。東京と大分で離れても可愛がってくれた。
M1の王者になった時も、THE MANZAIで優勝した時も、1人、涙した。そして祝福し、喜びを分かち合えた。

今、その先輩たちとようやく“笑い”について同じ目線でモノ作りが出来てきたように思える。

恒例となっている、パンクブーブーの特番。

自分の思う“オモロイ”具材を先輩にぶつけて、戦ってソレを調理して頂く。

もっとこうした方が良かった…とか、もうない。

ほぼ、パンクと俺が交差し、思う“オモロイ”が出来た。


2月24日 午後3時から放送。

TOSテレビ大分「パンクブーブーのリスペクトOITA 〜嗚呼、すばらしきローカル偉人伝〜」

1か月先だけど、告知させて頂く。

観てね。
[PR]
# by masayakitagawa | 2013-01-16 23:03

いいから


どーだっていいから、

理想を語る前に動かんか、このバカが。




なーんもせんでから、

アイツがどーだとか、世の中がどーだとか言わんでいい。


どうであれ、




先人たちに敬意を表するところからやり直せ。



んで、他人んことのニュースに一喜一憂せんでいい。


コメントする時間を使って、自分が出来ることせんか、バカちんが。


ブログ書いててなんだけど、インターネットとか無くなりゃいいのにな。
[PR]
# by masayakitagawa | 2013-01-12 01:59

選択肢

選択肢が増えてる。

何でもかんでも。

遊びでも恋愛でも、ましてや仕事でも、飽きたら次の興味があるモノへ。

自分に合うモノに出会うまで、選べるからそれでイイじゃないか、と言ってしまえばそれまでだけど。

自分が合わせるという選択肢は消えてしまったのか。

それは、無理に我慢するということではなくて、協調性を持って成長するという意味。

選択肢が飽和するということは、つまり、自分が良ければそれでイイという、
社会において不適合な人間を容易に量産してしまうという1つの危惧。

自分勝手なヤツが本当に増えた。





本日の昼食。

後輩が『弁当屋に行くので、皆さん選んでください』という。

各々に好きなモノを注文していく。








…………





メニュー多いわ!!


選びきれーん!!







「おい、俺のはコンビニのおにぎりにしてくれ。」








かくいう、自分が一番 自分勝手かも知れない。
[PR]
# by masayakitagawa | 2013-01-08 01:18

改革

あけましておめでとうございます。

そして、半年以上ぶりの投稿でございます。

周囲からブログを書いてくれとの言葉をまた頂きましたので、頑張って筆をとってみました。

今年もよろしくお願い致します。



今年の目標はズバリ“原点に帰る”です。

昨年末、とある個人ブログで某番組2つの批判がされていました。
『どっかで見た演出方法だ』『サッカー知らないくせに作るな』などといった言葉。

実は、その番組は、2つとも僕が作ったもの。

ということは単純に僕の演出方法が気に食わないといっただけかも知れませんが、
ショックを通り越して、真摯に受け止めようと思いました。

確かに、忙しさにかまけて、細かい部分を詰め切れなかった部分はあるかも知れません。
けど、それを見ている視聴者の皆さんのことを考えなかったことはありません。
むしろ、どうすれば出演者の想いが伝わるかということだけを、考えて作ったつもりです。

それでも、100%、全員の人が「楽しかった、感動した」という言葉を引き出すのは無理なんです。ですから、原点に帰ります。

それは、とにかく、自分が面白いと思ったことは絶対に妥協しないということ。

1カット1カット、意味があるんです。



だから、




どっかで見たなんて

ありえねーんだ、このクソブロガー。



失礼しました。


2013年。巳年。

実は今年、これまで通りの例年にはない、非常に強いパワーを感じております。
いや、自分にとってですが。

巳年という年は、僕の人生の転換期なのであります。
転校した小学4年生、そして吉本から大分に戻ってきた23歳、所謂、ターニングポイント。

悪くない大きな何かを遂げる年なのであります。


もう1つの目標、それは舞台。

僕を育ててくれたのは劇場という小屋であります。

本当に大切な“間”が分かる、面白い舞台出来ればいいな、と考えております。

だから…



どっかで見たなんて

言うんじゃねーぞ、このクソブロガー。





失礼しました。
[PR]
# by masayakitagawa | 2013-01-05 01:19


北川まさや。元芸人。引退後は放送作家に転身し、現在はSAL-PRO構成作家兼ディレクターとして活躍。密かにお笑い講師として笑い普及の運動をしている。


by masayakitagawa

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
未分類

最新の記事

まかれろ
at 2013-03-23 01:43
初めて
at 2013-03-09 10:52
メモ
at 2013-02-27 01:54
今年は
at 2013-02-13 23:37
バッドボーイ
at 2013-02-05 00:58

以前の記事

2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧