<   2011年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

どうでもいい。

うるさいなぁ。

誰が何を言おうがいいじゃないか。

「あの人がこう言ってた」とか「こういう人らしいよ」とか。


お前はソイツのこと、どう思ってんだよ。

それが一番大事だろ。

自分自身に言って来なくて、ただの陰口なら何も恐くないって。

それは、ただの嫉み、妬み、ひがみだ。


批判されてるってことは、一流なんだよ。

誰にも言われないほど寂しいことはない。


最近、やたら多い。

1つの記事に批評するコメントに対してコメントする。
論点が違うから、甚だおかしい。

陰口叩かれたら自分に拍手を送れば良い。



やりたいようにやって、迷惑かけたら反省すればいいじゃん。


それが学習です。



頑張れ、N。
[PR]
by masayakitagawa | 2011-10-31 00:24

先生

中高生向けの番組を作っているため、教員との縁が多い。

特に高校教師。

医者、政治家、色々あれど、『先生』と本当の意味で呼ばれるのは
この教師という職業ではなかろうか。

脱力的だったり、天然ちゃんだったり、もちろん熱血な方まで。

たくさんのタイプの『先生』がいる。

俺はどの先生も大好きだ。


何が良くて、何が悪いなんて絶対にない。

教育の現場にいる訳じゃないから、俺がコメントするなんて差し出がましいけど、

先生はこうあるべきだ、という大義なんざ、クソ食らえだと思う。


先生である前に人間なんですよ、みんな。真っ直ぐな。
忘れ物だってするし、酔っぱらうし、AVだって借りるさ。


「生徒の模範となる行動を」。



だからなんだ。

大いに結構、その姿なりが人間たる模範ではないか。
その背中が生徒に良くも悪くも影響を与えてるんだよ。


俺だって好きな先生、嫌いな先生がいた。

それでいい。

今は嫌いな先生の方が好きになってるんだから。


誰しもいつかは大人の味を知るんだから。




そんな先生たちに、クダラナイ理由で吠える親たちの気持ちの方が良く分からない。
ダメな先生なら、家庭でしっかりと教えてやればいいじゃないか。

「そういう先生もいるのよ、だから自分の足で進もう」って。

それをいちいち先生のせいにするな。先生がダメだから子どもが悪い訳なんじゃない。
根本的なことに目を背けてんじゃないよ。


先生ってのは、生徒がいつしか社会に出て自分と向き合えるように、順路を見せてるだけなんだから。



そういえば、


高校の時、

「アナタたち、SEXなんてまだ早いんだからね!もし、そうなったとしても
 避妊もせずにするなんて考えられない!中絶なんて考えられない!」

と、切に語っていた担任の女性教師が、






出来ちゃった結婚をしたっけ。





やっぱり、人間だよな(笑)



先生、いつもありがとう。
[PR]
by masayakitagawa | 2011-10-29 00:18

悲喜こもごも

一か月も更新してなかったか(笑)

すいませんね。


それだけ充実してると言えば聞こえが良いのだろうけど。
悪く言えば、プライベートの時間が欲しいという感じか。

この仕事、公私混同も甚だしいというか、公私混同で仕事を取るようなもんである。


さて。

色々書くことあるなぁと思いつつ、筆を取ると忘れてしまうもんである。

情けなや。


①仲の良い女子アナが、2年前のVTRを振り返って
「この時、すごく痩せてて…今、歳と共にヤバイと感じます。」って言ってたけど、
 今の方が魅力的に見えたので、「そんなことないよ」って伝えると喜んでた。
 そのアナにも言ったけど、昔より今の自分の方がカッコいいって素敵だって、昨日より今日、
 今日より明日、明日より明後日の自分の方がカッコいいって思わないとやってらんねぇ。
 振り返る辛さなら要らない。

②今の小学生は可哀想だと思う出来事。とある報道カメラマンが言う。
「小学校に取材に行った時に、映して構わない子と映すのがNGな子どもがいるんだよ。
 ビックリしたんだけど、入学する時に学校側に親が撮影NGって忠告するらしいんだよ。
 だから、撮影出来る教室と出来ない教室がある。時代だな…。」

 なんなんだろうか。

 確かに我々のエゴかも知れないが、そのスタンスはいかがなものか。
 暴力夫に居場所を突き止められたくないなどという、今では色んな理由が考えられるだろうけど。
 ガキの頃ってのは、少しでもテレビに映ろうとしてわざとカメラの前でピースしたり横切ったり
 するのが楽しいんじゃないのかな?
 友だちに混ざってそんなことしたら母親に怒られるんだろうと思うと、少し可哀想でもある。
 が、様々な理由を抱えて映れない。

 時代か。腑に落ちないなぁ。


さて、明日は腑に落ちない殺人的スケジュールの合間をぬって、飲みに出るとでもしよう。

またいつか。おやすみなさい。
[PR]
by masayakitagawa | 2011-10-27 00:32


北川まさや。元芸人。引退後は放送作家に転身し、現在はSAL-PRO構成作家兼ディレクターとして活躍。密かにお笑い講師として笑い普及の運動をしている。


by masayakitagawa

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

カテゴリ

全体
未分類

最新の記事

まかれろ
at 2013-03-23 01:43
初めて
at 2013-03-09 10:52
メモ
at 2013-02-27 01:54
今年は
at 2013-02-13 23:37
バッドボーイ
at 2013-02-05 00:58

以前の記事

2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧