<   2011年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

第2の人生

周りがやれやれと言うので。

ツイッターとやらを始めました。

良ければフォローミー。http://twitter.com/kitasal です。

@kitasalでもいけるはず。


つぶやく、つぶやく…身になるつぶやきしなければなぁ。



あえて



僕にとっての主要メンバーの一部はコチラからフォローしておりません。


そして、このブログをもっと繁栄させなければ。


閑話休題。



引っ越しも終わり、

ようやく、俺の部屋だけ片付いた。


a0186614_21482183.jpg








ここは1Kか。









自分のものだけを凝縮させたら、寝室に収まったではないか。

たったそれだけの活用しかしてなかったんだと改めて思う。

階下はまだメチャクチャだけど。



そして。


居心地が良いのか


a0186614_21541491.jpg



この妹その2がやってきてiPadで遊ぶ。


まず、自分の部屋を片付けやがれ。



この部屋で、俺の第2の人生がスタートします。






そう言えば、ベッドが幅取りすぎて、スゴく配置に悩んだ。



このベッドが…


この大きなベッドのせいで…



否。




そもそも独り身に戻るんなら


ダブルベッド買うんじゃなかった。






[PR]
by masayakitagawa | 2011-02-27 22:07

逆光

順光、逆光ってあって。

それぞれの特性があるけれど。



こんなにも逆光を味方につけて、その美のコントラストを出す人が他にいるだろうか。





蒼井優。




知る人ぞ知る。俺の憧れではあるが、本当に一言では言い尽くせない。




あの逆光の時の君。


引き込まれ、異空間へと連れ出され、されどそのノスタルジーに思いを馳せる。


涙腺が意味もなく緩み、胸が痛む。


いつか、この人と仕事がしたい。


俺のダメな演出の中でどんな表情を魅せてくれるのだろうか。




そして、今。




俺の目の前に、室内ライトが逆光ぎみであたってる






親父がイビキをかいて寝ている。







んー。ノスタルジー(泣)







[PR]
by masayakitagawa | 2011-02-25 01:48

新生活

ついに。


家族が引っ越してくる。



まず、今日、その第一団体がやってきた。


おふくろと、妹1、それに妹2。



コイツらがやってきただけで、


我が自慢のシンプルモダンの家がしっちゃかめっちゃかに。




a0186614_23434768.jpg







高校生の妹その2は、こんな状態でも勉強してやがる。

哀れ…さながらウルサい。


俺は寝室に追いやられ。






明日、第2団の親父がやってくる。



もう考えられないほど、家は荒れるだろう。




けど…これでやっと孤独から解放される。

なんだかんだで家族はいいもの。



と、思うのも始めの一週間だけかもな。
[PR]
by masayakitagawa | 2011-02-23 23:47

背伸び

打ち合わせ。

どーしても水炊きが食べたくなったので、五郎一で打ち合わせ。

も、そこそこに、無心でみんな食べる、飲む。



次の店をどこにしようか迷った挙句、とりあえず作戦を練ろうということになり…




なぜか

おそらく都町で一番高いと思われる鉄板焼き店へ。

1人単価は1万円はくだらないという、鉄板焼き店。



そこで、






日本酒だけを注文。














a0186614_121256.jpg




肉なんて何も頼んでねー。



どう考えても本当の不倫カップルとか

同伴出勤のお姉様たちに変な目で見られながら



1300円だけ払ってフェードアウト。



すいませんでした。


まだ俺たちはそんなもの口に出来る器じゃないです。
[PR]
by masayakitagawa | 2011-02-23 01:24

届け

みなさま。

更新がかなり遅くなってしまいすいません。
いやぁ、特に忙しくてとかじゃないんですよ、飲み散らかしてましてね、最近。てへっ。

「てへっ」じゃねーわ。気持ち悪い。




さて。



先日、会社に戻ると、机の上に紙袋が置いてあった。
何事かと思い、後輩に聞くと、

「高田さんが“約束の漫画”だと言って持ってきました。」という。
高田とは、ギョーカイの後輩の女の子だ。



“約束の漫画”?


そんな約束はしたことはない。

不思議に思いつつ、高田に電話をした。



北川「あー、高田?なんだこの約束の漫画って?」

高田「いや、ほら言ってたじゃないですか、ピュアな漫画が読みたいって。」

北川「え!?そんなこと俺言った?」


高田「言いましたよ。








        1年前に。」







…いつの話しだ。




なぜ、コイツはそんなことを覚えている。

そして覚えていたとして、この1年間の空白はなんなんだ。

そんなことなら、もっと早く持ってこんかい。




そんなこんなで紙袋の中を覗いてみると、そこには




『君に届け』



が。


あの三浦春馬と多部美華子で映画実写化されたピュアラブストーリーではないか。






確かに届いたぞ。




ふん。
30過ぎのおっさんが、こんな少女漫画を見て楽しい訳がないのに…








12巻、読破しました。



涙、ボロボロしました。





俺も風早くんみたいになりたい(泣)


そしてありがとう、高田。

[PR]
by masayakitagawa | 2011-02-21 12:32

知る

いやー、明後日はバレンタインデーですか。

誰か私に本命のチョコをくれるのでしょうか?

…そんな高校生みたいなことを言うのはやめておきますが、まだこの歳でももらえたりするのかね?

俺のモテ期のピークは高校生だったもんなー。
3年生の時、7個ももらったこと、誰も信じてくれんけど。

そう言えば、AKB48からのユニット、渡り廊下走り隊が、2人増やして渡り廊下走り隊7として
「バレンタイン・キッス」をカバーしてリリースした。

素晴らしくキュートであります。



そして、俺の推しメンは、




はるごんこと仲川遥香であります。





「あんたのタイプ、分かりやすい。」と良く言われますが、
ロリコンではありませんので、あしからず。




さて、

ある番組で「驕れる者 久しからず」と伊東四郎が言っていた。

まさにその通りである。地位や名誉や才能などを誇り、思い上がっていると、いつか痛い目を見る。

我々は現状を把握し、また自分を知り、驕ってはならない。

本当に必要かどうかを判断し、自分の器の水をそんなに溢れ出させてはいけない。
「足るを知る」ことが本当に大切なのだ。

何だか、胸がイタいなぁ。



以前、偉そうにお笑い論者として講話した時、それが1人の女性の心に響いたようで
後日、手紙を頂いた。

「お笑いやってる人をバカにしてたけど、
熱い人たちが集まって、北川さんのお話を聞いていたのを見て、
私も毎日を頑張ろうと思いました!」

というような内容。

非常にお恥ずかしい。
俺からすれば、偉そうに論じていただけなのに。
こんなことなら、もっと向き合えば良かったと、反省しました。

自分の今を知り、見つめ直さなければいけない。


にしても、手紙は嬉しかった。


a0186614_1161589.jpg




こんな風に。






a0186614_1173669.jpg









あれ?

誰だ?まさるって。



「驕れる者、久しからず。」

[PR]
by masayakitagawa | 2011-02-13 01:21

対人関係

午後2時。
パークプレイスで打ち合わせがあったので、いそいそと向かう。

少し早く着いたので、お腹の具合が悪いこともあって
トイレに駆け込んだ。

用を足しながらケータイ電話をいじる。
何となく今日の運勢を見る。




「気のゆるみが対人関係に影響を及ぼします。」


これから打ち合わせだというのに、なんて空気の読めない占いなんだと思い、
その場をさっさと後にした。

と、ここまでは良かった。

よくよく考えればここまでは幸せだった。

まさか占い通りになるとは誰が予想しただろうか。


それから間もなくして、俺はあることに気付いた。




なんと…ケータイ電話が行方不明ではないか。

どこかに落としたに違いない、そうだ、トイレだと確信した俺は打ち合わせが始まる前に
ダッシュでトイレへ。



しかし、どこにも見当たらず。



しょうがなく、会議室に戻り、先輩プロデューサーから俺の電話を鳴らしてもらうが
「おかけになった電話は…」と繰り返すばかりで、一向に繋がらない。



打ち合わせが終わっても尚、繋がる気配はなく、
そのプロデューサーが誰もが思う一言を口にした。




「…便所に流れたんじゃねーのか?」




なんとビビットな一言だろうか。


だが、もはや疑う余地もない。

もう、どこにもないのだ。落とし物カウンターに届けられてもない。



後がなくなった俺は、すぐさまdocomoショップへ。

何とか同機種を急遽レンタルし、バックアップしていたデータを呼び戻し、
交番に遺失届を提出し、仕事に戻った。


しかし。


そこで、またあることに気付いた。

本体に登録していた電話帳を呼び戻せたとこまでは良かった。


だが、なんとFOMAカードに登録していた番号は一切戻っていなかったのだ。





やべぇぇぇ!!!

あの子やこの子や、
あんなお姉ちゃんやこんな可愛い子の番号がぁぁぁぁ!!!



いや、それどころではない。
仕事先で交わした番号もないのだ!!


まさか…


気のゆるみならぬ、

お腹のゆるみで対人関係に影響を及ぼすとは。



誰か、スライド式のブラウンのケータイ見つけたら、ソッコー連絡ください。

あ、茶色やけんウ○コと混ざって見つかる訳ないか(泣)
[PR]
by masayakitagawa | 2011-02-10 00:53

セパレート

今日、とりあえず思いついたことをセパレートで10個。


①永作博美、いい加減にして欲しいくらい美しい。「あなたって不思議だわ、あなたって幾つなの?」もはや不思議でも何歳でも良い。側で笑っていて欲しい。


②コンビニ飯のクオリティが上がっている。エブリワンのアジフライ、やばい、美味い。弁当全般で考えればまだまだだけど、どこのサイドメニューもレベルが高い。


③「あげぽよ」って何?ロケ中に女子高生が「今、あげぽよだから」って言ってた。テンション上がった時に使うらしい。ギャル語もまた大改革か。


④斎藤佑樹フィーバー。引きぎみで見る俺。可もなく不可もなく。このまま野球人気が再燃することを望む。


⑤日曜日に出席する結婚式に着ていくスーツを取り出す。虫食いでパンツに小さな穴が3つ。立腹ついでに、その腹のせいでボタンが締まらないことに気付く。 俺の脂肪も虫が食ってくれないだろうか。


⑥連載コラムの締め切りがとっくに過ぎていた。慌てて筆を持つ。特に言いたいことがないので、大相撲八百長疑惑を追求。そのコラム自体が八百長になっていないか心配。


⑦AKB48のDVDをあるルートから入手したので、車の中で再生してたら、まさかのエロしいカットが満載。ついついニヤケてしまったが、斜め後ろの車からの視線に気付き、ふいに知らん顔。ヘビーローテーションにならぬように気をつけるべし。


⑧社内分煙のおかげでタバコの本数がめっちゃ減った。1日10本いかない。今まで惰性で吸っていた分がなくなったから。このまま辞めてしまいたい…が、それはまだ先のお話。


⑨韓流男性がたくましく、日本人男性が弱いということを某番組でガッチリ取り上げてた。コラコラ、日本自身が、ソチラを持ち上げてどうするんだ。狩猟民族、農耕民族の流れはさておき、日本人が草食男子ばかりだと思うんじゃない。俺はとんでもない肉食だぞ。かかってきなさい。天国へ連れてってやる。


⑩色々考えたけど、日本男子を捨ててイケメン韓流に乗り換える女子は逆に願い下げたい。此れ、醜男のつまらないプライドなり。
[PR]
by masayakitagawa | 2011-02-06 23:01

お帰り

大事な大事な人が戻ってきた。

うーん、意味深な言い方かも知れないけど、俺の前世から繋がってるんじゃないかと思う人。
俺はこの人がいなかったら、自分がこの世界で生きていく術を分からなかったんじゃないかと思う。

俺の全てを肯定してくれて、そして否定してくれる、大事な人。

今年に入って色々あったけど、願掛けが効いてくれたのか。
俺たちの元に無事、戻ってきた。

これからも叱咤激励。そしてケンカしながら互いに成長出来ればと思っております。


さて。

話しが全く変わるけど
KARAの解散騒動、気が気じゃなかったなぁ。
とにもかくにも5人でまた活動してくれるとのことで、にわかK-POPファンとしては嬉しい限り。
あんなにアイドルというものに対して熱い気持ちを持ってるヤツら、日本ではAKBくらいだろ。
頼むぞ、日本のアイドルたちよ。

少女時代のGeeも心地よく聞こえてくる最近、フワフワしながら毎日が楽しくなってきた。



それにしても、

アグネスチャンはいつになったら日本語が上達するんだよ。
[PR]
by masayakitagawa | 2011-02-05 16:05


北川まさや。元芸人。引退後は放送作家に転身し、現在はSAL-PRO構成作家兼ディレクターとして活躍。密かにお笑い講師として笑い普及の運動をしている。


by masayakitagawa

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28

カテゴリ

全体
未分類

最新の記事

まかれろ
at 2013-03-23 01:43
初めて
at 2013-03-09 10:52
メモ
at 2013-02-27 01:54
今年は
at 2013-02-13 23:37
バッドボーイ
at 2013-02-05 00:58

以前の記事

2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧