<   2011年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

バースデー

ハッピーバースデー、おふくろ。

今日、57歳になった。

57年前、おふくろが生まれて来なければ、俺はココにいない。
感謝である。






このおふくろに。





a0186614_1471596.jpg




大屋政子か。


しかし、元気である。










a0186614_143331.jpg






家族のアイドル並みに。





去年、この人たち、誰も俺の誕生日を祝ってくれなかったけど。

長生きしてくれ。
[PR]
by masayakitagawa | 2011-01-31 01:49

○○のぉ

「〜からのぉ!?」って返し、最近よく聞く。

あれだろ、アンタッチャブルの山崎が使ってるヤツ。
一旦、話しの流れでオチたはずなのに、しつこくそれ以上の展開を望む返し。
その意外性で笑いが起きる。という仕組みの「からのぉ!?」だ。


あれを居酒屋とかで若年層が良く使っているのを耳にする。


むっちゃ胸くそ悪い。



なんなんだ、そのサムい話題に対するサムい返しは!?
あれは、一旦、べしゃくりとしてオチているのにしつこく攻めるから面白いんだよ。

その人は会話自体を落とそうとしてないのに、周りのヤツらが輪にかけて「からのぉ!?」とはなんだ?
無理矢理プレッシャーかけて落とそうとして何が楽しい?何をキャッキャ言っているんだ?

こっちから見てると「からのぉ!?」を発したヤツが一番スベっているぞ。


ただし、こんな見解もある。
本当にスベってしまった時に、「からのぉ!?」を言ってやることによって
救われるという状況。

もし、アメリカならジョークが通用しなかった時点で相手にされることはないのに、
スベっても尚、コミュニケーションを作ろうとするその心意気は日本人ならではの優しさかも知れない。

そう考えると発案者のザキヤマはスゴい。

ちょっと考え過ぎか。

いずれにせよ、サムさを助長するような言葉は使わない方がいいと思われ。


どうせなら

「KARAのぉ〜・・・・」

にしといた方がまだ旬である。

あしからず。
[PR]
by masayakitagawa | 2011-01-25 01:51

ターニングポイント

人との出会い。
それは決められたものなのか、数奇な運命を辿る人もいれば、順風な人生を送る人もいる。

俺はどっちだろうか。

今日。かつて俺の人生を変えた人に仕事場で久しぶりにお会いした。
吉本興業のN嶋所長である。

目的もなくプラプラしていた大学生時代、それは、とあるお笑いコンテストに出たことがキッカケだった。
当時、営業担当だったN嶋さんは

「自分、お笑いで儲けへんか?」と俺をお笑いの道へ誘ってくれた。

別に優勝した訳でもない、今思えば顔から火が出るほどのクオリティの低いネタだったが、
俺らコンビに声をかけてくれた。
余談だが、N嶋さんはこのことを覚えていない。

いつだったか、問いただした時は「なんとなくちゃうかぁ?」と言っていた。
さすが吉本。

今になって考えれば、そんな良い意味の適当イズムは俺に受け継がれている。


かくして、俺は入所し、コンビ解散を経て作家になったが、その時も橋渡しをしてくれた。

「お前、構成作家なんやから舞台もいいけど、番組やって勉強したらええねん。紹介しとくわ。」

と言って深夜番組を1本担当させてくれた。

思い起せば、俺はまだ21歳。
何も出来ないペーペーのガキが、社会に飛び込んだ瞬間だった。

それからも舞台を中心にしつつ、新聞のコラムまで書かせてもらい、
大した金は稼げなかったが、もの凄い勢いで吸収させて頂いた。

おかげで、今の小澤(サルプロ代表)と出会うことが出来、今に至っているが、
あの人に会うことがなかったら、声をかけてもらえなかったら、俺は今、何をしているんだろうか?


岐路。

絶対、どこかに転がってる。

それを見逃しているか、はたまた躊躇しているのか。

改めて目を凝らすことも必要かと思う。




あれ…?

俺、次の婚期を見逃してねーだろーな?
[PR]
by masayakitagawa | 2011-01-20 02:48

蔑むな

「信頼出来ないんですか!?」って言われれば、信頼出来ない。

あのね、信頼出来ないんじゃない、信用してないんだよ。

きっと裏切るんだ。

そういうことを簡単に言えるヤツは、裏切られたことがないか、逆に裏切ってるヤツなんだ。

俺は小学生の時からそんなもの信用してない。
いつも一緒に下校してくれた上級生に雨傘でぶん殴られた時から、信用しないと決めた。
よく「物事を斜めから捉え過ぎ」って言われるけど、
じゃあ、お前たちはいつからそれを真っ直ぐなものと捉え始めたんだ?

余計なお世話だ。

偽善とかどうでもいい。それは偽善じゃない、その人からすれば本当の善意なんだ。伊達直人じゃないけど。
俺は胸をはって言う。

そんなことやれる余裕はない。人のことを考えてる余裕はない。
自分を労れないヤツが、人を労れるのか!?
それこそ偽善じゃないか。

ある人が言ってたけど、解脱してないのに、人をそんなに簡単に許せる訳がない。
俺はマザーテレサのように、マリア様のように、お釈迦様のように、八百万の神のように、
出来たものじゃない。

ただの一人間だ。

そんなに侮蔑の目で見るな。

そんなに優しい声をかけてくるな。

どうせ裏切るんだろ。


あたかもそこに存在していなかったかのように、日々暮らしていくんだろ。








実は、今年からルネサンスに通い始めた。

俺は、このダイエット、確実に成功させて見せる。


侮蔑の目で見るな。
[PR]
by masayakitagawa | 2011-01-18 02:23

タイムイズマネー

ヤバい。なんかやることがゴチャゴチャしてて時間が足りねー。

明日は整骨院行かなきゃ、ジム行かなきゃ、2日間延滞してるからTSUTAYA行かなきゃ…
ナレーション原稿起こさんと、明後日の資料作らんと、編集音源探さないと…
実家に帰らんと、洗濯しないと、掃除がぁぁぁ…




時間が足りん。




すでに4時前じゃないか。

もう寝らんでもいいかな。


さて。
昨日は俺がコラムを連載している雑誌CONKAの新年会だった。
知ってる顔も知らない顔もたくさん来ていて、交流を深められた。面白い話もいっぱい聞けたし。
やっぱり、外部の方たちとああいう場でお酒を酌み交わすのはいいなー。新鮮だわ。
仲間内も楽しいけど、こういう時は特に人の話しにアンテナ張りまくることが出来る。

スポーツライターの方とか歌人の人とかスゲーおもろい。
俺も含めて、気付けばそこはライターばかりの席でしたが。
あんな話、電波乗っけると面白いはず。
聞きたいだろ?

じゃあ、早く俺を遊びに誘って。


その後、懇意にしているクリエイターさんとこれからのマルチメディア市場で盛り上がり、泥酔。

さらにその足で懇意にしているスナックへ。

何かよく分からんけど年商がウン十億円とかいうお金持ちに気に入られて
ちょっと高価そうな万年筆とタイガーアイのブレスレットをもらった。


「おい、太っちょ。これやる。」






コラ。他の呼び方あるだろうが。



有り難く頂いておきながらなんだけど、





飲み代はおごってくれなかったわ。


で、タクシーの運ちゃんに愚痴を言いながら帰宅したのが5時でした。

本当に…




時間が足りぬ。
[PR]
by masayakitagawa | 2011-01-15 03:49

マナー。

夕飯。
基本的に毎日1人で食べるのだが、誰か一緒に食べるとカップラーメンですら美味しい。
何でだろうね?

編集で遅くなった日。いつもテレビ局の近くの食堂で食べて帰る。
今日もそう。
おばちゃんたちの声とか他のお客さんもいるから、少しは賑やかで自宅より美味しく感じるから。

だけど。どうでもいいけど、マナーっちゅうもんを知らんバカたれもいる。

否。

マナー違反がどうか分からんけど、
食堂のテレビで、『九死に一生』みたいな企画を放送してて、流血するシーンが流れた時のことである。
俺の隣にいたカップルの女の方が



「キャー、こわいぃ。」
とデカイ声で叫びながら、何と彼氏に抱きついたのである。







賑やか通り越してうるせー。





じゃー、席移れよ、コラ。
テレビの見えない所に行けよ。
ご飯を目の前にしてイチャイチャしてんじゃねー。
彼氏もまんざらじゃない顔するんじゃねー。




しかも1度だけならまだしも、2度も3度も。

おかわりはご飯だけにしとけよ。

と、次の瞬間。俺はその女が男に言った言葉に耳を疑った。





「あ、ごめんなさい。取り乱しちゃって。すいません、食事時に。」
「いえいえ、とんでもないです。怖いですよね、あーいうの。」






え?

君たちカップルじゃないの?




なんでそんな事が出来る!?
明らかな計算なのでしょうか?それとも本気で怖がってたのでしょうか?


どちらにせよ、公の場でああいうことをするのは、モナがなってない…あ、マナーがなってないわ。


引用、古(笑)
[PR]
by masayakitagawa | 2011-01-12 02:26

○大欲求

忙しいのですよ、全く。
いいことだけなんだけど、本当に。年明けて早々、忙しいのは今年一年も順調に行ける感じがするんだけどね、
どうも身体の調子が良くない。病院に通う日々なので。

俺はメンタル1つで変わってくると思うんだけどなぁ。

誰か心の支えになってはくれぬか。

とにもかくにも、AKBが可愛いな。

いつかアイドルと番組を作るのが夢なのです。
こいういうことを言うと、本当にイタいやつと思われるだろうし、お笑いは捨てたのかとか言われそうだけど
そこから生まれてくる、流行のポイントは数知れないのだ。

アイドル、あなどるべからず。


深夜2:00過ぎの戯言ゆえ、許してつかぁさい。

あー、遊びたい。

腹減った。
眠たい。
遊びたい。
彼女欲しい。

この時間、人間の欲求が全て出てきて心地良いわ。

明日、ちゃんと書きます。
[PR]
by masayakitagawa | 2011-01-11 02:13

げんじつ

結局、昨日が新年互礼会だった。なんで3記事連続で互礼会のこと書かなきゃいけねーんだ。

これって大分の広告連絡会、所謂、広告代理店などマスコミ各社からウン百人と集まるんだけど、
俺ら制作会社の人間たちはずーっと、新年の挨拶で取引先の皆様に頭を下げ続ける。

結果、さまざまなストレスが生まれる。だから確実にそれを発散しなければいけない。
そう、パーティー終盤に訪れる“ビンゴ大会”である。

なんと。


今年は俺が2000円分の商品券、そして後輩のサオ君が5000円分の商品券をGET。



無事、発散。





余りにも気分がよくて、
その後に行ったスナックで仲の良いお姉ちゃんたちにお年玉としてあげてしまった。




無事、散財(泣)





閑話休題。

先日、TSUTAYAでレンタルした『ツルモク独身寮』について熱く語ったが、
同時に『つゆダク』という漫画も手にしていたことを思い出し、初めて鑑賞させて頂いた。

これ、全く知らなかったけど…

ただのドスケベ本だった。

何でも芸能界に蔓延る女性アイドルたちは常に性欲と戦っているらしく、それが満たされなければ
仕事が円滑に回らない。そこで、テレビ局に設置された特別技術職というSEX専門の部署があり、
数万人から選ばれし1人の男が、ただSEXをしてアイドルを満足させてあげるという物語。



なんじゃそら。

とんでもなく羨ましい業務ではないか。


なんだそのロマンスは。

今すぐ、転職させてもらえないだろうか。頑張れる気がするぞ。


ところが、余りにも卑猥な台詞などが並べられているので、どんな作者なのかと調べてみると…
これまたビックリ、女性なのである。
あれだけ、俺はツルモクのピュアさを訴えていたのに、一転、とんでもない気持ちにさせられた。

純粋な物語を男性が、そして卑猥な展開を女性が、それぞれ描く。
なんともロマンチックとリアリティの捉え方の根本的な違いを垣間みた気がする。



よって、無事、発射。


あー。バカたれ、俺。
[PR]
by masayakitagawa | 2011-01-08 01:03

新春キモイ

だから。

なんなんだ!『ツルモク独身寮』!

あわわわ、完全に感涙してしまった。
いい、非常に素晴らしい。宮川正太の葛藤ぶりには共感しっ放しで、
みゆきさんみたいないる訳もない女性を愛おしく思え、最後の最後にキュンとしてしまった。






私、32歳、バツイチであります。



昨日、時代遅れのロマンチストとか言うなと書きましたが、
性懲りもなく、俺は未だメンルヘンティストなのでしょう。我ながら気持ち悪い。
本気でキモいぞ、俺。


実は、新年互礼会が明日だったという、スーツまで用意した失態も忘れてしまうくらいの感動。
ゆっくり読書する時間を与えてくれた、勘違いの自身の前頭葉に感謝であります。

この余韻に浸りながら今夜はゆっくり寝れそうであります。

今すぐ、独身寮に移りたい。
[PR]
by masayakitagawa | 2011-01-06 00:32

始まる

明日、大事な日。

俺にとっても、ある人にとってもスゴく大事な日。
遠くから応援することしか出来ないけど、きっと大丈夫。
朝、神社に参拝してくるからね。


さて、俺にとっては明日が今年の開幕戦。
スパークオンウェイヴというテレビ大分の番組をやらせてもらってるが、明日から編集に入る。
迷うことなく、“気持ち”でつないでいきたい。今年の番組の勢いを左右するから、無論、攻めて行く。

夜は新年互礼会といって、県内のマスコミ、メディア関係者が一同にホテルに集まり、新年の挨拶を行う。
これに出席しておけば、挨拶回りをしなくて済むから手間が省ける。
当たり前だけど、考案した人、スゴい。超合理的主義者なんだろう、俺みたいだ。
そういえば、名刺を発注するの忘れたことを、今思い出した。
顔が名刺でいいか。


そんなこんながたくさん始まるので、正月休みから頭を切り替えるために、久々にバイブルを読んだ。
『めぞん一刻』と『ツルモク独身寮』である。
何年経っても、この2作の漫画は色あせない。というか、男女の揺れ動く心は変わらないものだと痛感する。

新人類どもよ、この2作を知らなければ読め。
そして熱い人間になれ。人間らしい人間になれ。


おい、誰だ?

俺のことを時代遅れのロマンチストと言ったヤツは。



確かにメルヘンで今の恋愛事情とはほど遠いかも知れんが、こういう純情な気持ちをインプットすると
俺はなぜか頭が冴えるんだよ。

そして毎回、気付くんだ。
俺は年上の女性が好きなんだと。管理人さんみたいな人に側にいて欲しいと。
川口先輩以外に俺を管理してもらいたいと。


…明朝の神社での祈願、これも追加しよ。
[PR]
by masayakitagawa | 2011-01-05 01:14


北川まさや。元芸人。引退後は放送作家に転身し、現在はSAL-PRO構成作家兼ディレクターとして活躍。密かにお笑い講師として笑い普及の運動をしている。


by masayakitagawa

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
未分類

最新の記事

まかれろ
at 2013-03-23 01:43
初めて
at 2013-03-09 10:52
メモ
at 2013-02-27 01:54
今年は
at 2013-02-13 23:37
バッドボーイ
at 2013-02-05 00:58

以前の記事

2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧